PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

vivipri(ビビプリ)でフォトブック作成。絵本みたいでこどもが見やすい。

動物に興味を持ち始めた2歳児。

 

動物園へ連れて行くと大はしゃぎだったので、記憶が新しいうちにフォトブックを作成することにしました。

 

いつものようにしまうまプリントのフォトブックでもよかったのですが、絵本棚に並べたいなと思い、今回はちょっと特別な仕様にしました。

 

こどものためのフォトブックということで、探したのは次のような条件。

 

  • フルフラット
  • 低価格

 

フルフラットタイプは手をはなしてもしっかりと開くので、こども一人でも見やすいです。

 

記念日アルバムの様に長期保存したいわけではないので、その中でも安価で作成できるサービスを探しました。

 

フルフラットで低価格というと、良く紹介されているのがビスタプリントなのですが、こちらは大きめサイズに強いみたい。

 

今回は子供が気軽に手に取れるような小さめサイズで作りたかったので、vivipriのフォトブックを選択しました。

 

定期的に30%オフキャンペーンを行っているので、その時を狙えばお得に作成できます。

 

作成したのは、15cm×15cmの正方形タイプ。16ページ1700円。30%オフで1190円(プラス、メール便代98円)です。

 

結構お手軽価格だと思いませんか。

www.vivipri.co.jp

 

VIVIプリのフォトブック、仕上がりはどう?

 表紙はざらざらとした質感で、表面に凸凹があります。 

f:id:talotaro:20170714221918p:plain

 このビビプリ独特の質感の表紙は好みが分かれる様です。

カジュアルなな可愛い印象に仕上がるので、私は好きです。

 

角が丸っこいのもポイントで、可愛らしさを演出してくれます。

 

今回作成したサイズは対象外ですが、大きめサイズの場合はオプションで、よくあるしっかりとしたハードカバーも選択できます。

 

高級感を出したいときなどは、そちらを選択するのもいいかもしれません。

 

中ページは台紙1枚1枚の紙が厚いので、16ページでもそれなりの厚みがでます。

 

印刷タイプのフォトブックで使用されている様な薄い紙とは違い、子供に破かれる心配もなく安心して渡せます。

 

ただし厚みがある分かさばってしまうので、一長一短ではあるのですが。

 

ページを開いてみてまず思ったのが、画質がキレイ!ということです。 

 

肌とか髪の毛とかがなんというか、なめらかです。

 

今回画質についてはそんなに重要視していなかったのですが、やはり銀塩タイプはちがうなぁという印象でした。

 

またvivipriのフォトブックは自由にレイアウトができるのも魅力のひとつです。

 

JPEGだけではなくPINGも利用できるので、こんなぺージとか

f:id:talotaro:20170714222017j:plain

 

こんなページとかも

 f:id:talotaro:20170714222044j:plain

作成できます。

 

市販の素材集を利用しています。

 

文字もパソコン内のフォントを自由に使って書き込むことができます。

 

あとは納期が早いのも、嬉しい点でした。 

 

注意点としては、湿気に弱かったりするみたいなので、長期保存用のアルバムを作成したいときは注意した方が良いかもしれません。

 

まとめ

作り出したら楽しくなってしまい、フォトブックの作成に結構な時間をかけてしまいました。 

 

完全に自己満足ですが、お気に入りのフォトブックです。

 

今回自由にレイアウトしましたが、テンプレートやスタンプも結構使いやすいものが揃っているので、時間をかけれないってかたは頼ることもできます。

 

またそういった編集周りのことにこだわりたい方は、マイブックもオススメです。

 

画質は断然ビビプリがきれいなのですが、仕上がりの雰囲気もそれぞれ違うので、用途によって使い分けたら良いかなと思います。

 

絵本みたいなフォトブックを作成したい方に、vivipriのフォトブックはおすすめです。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村