PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

TOLOT(トロット)でフォトブック作成。作成手順と仕上がりレビュー。

格安フォトブックサービスのTOLOT(トロット)で、500円のワンコインフォトブックを作成しました。

 

作成方法

TOLOTのパソコンアプリもしくは、スマホアプリからの作成となります。

 

今回はスマホアプリから作成しました。

 

まずはアプリをダウンロードして、ユーザー登録を行います。

 

「商品の選択」の画面でフォトブックを選択して、新規作成。

 

「写真から先に選ぶ」と「新着・オススメから選ぶ」を選択できますが、写真を一括選択したいのであれば、写真から選ぶを選択しましょう。

 

一括選択しない場合でも、キャラクター表紙にこだわりたいなどの理由がない限りは写真から選ぶ方が無難かと思います。表紙は編集画面からちゃんと選べますし、新着やオススメ以外の表紙も選べるので種類も豊富です。

 

テンプレートはなく、1ページに1枚写真を選んでいくだけなので簡単に作成できます。編集できることといえば、縦横の回転くらいでしょうか。

 

文字については各ページに入力できますし、入力しないこともできます。横写真の場合は空いたスペースに文字が入りますが、縦写真の場合は文字を入力すると、写真のサイズが少し小さくなります。

 

面白いなと思ったのは、フォトブック注文後に行える仕上がりのスクショ保存サービス。

f:id:talotaro:20170907122500p:plain

f:id:talotaro:20170907122411p:plain

表紙含むすべてのページで、こういった写真が作成できます。

 

仕上がりレビュー

f:id:talotaro:20170907123836j:plain

上の写真のような梱包で、ポストに投函されていました。

 

納期は5日から2週間となっていますが、今回は発注から5日後に発送のお知らせメールが届きました。

f:id:talotaro:20170907123906j:plain

裏表紙。ビニール製の薄いカバーに入っています。

f:id:talotaro:20170907124021p:plain

表紙をめくった1ページ目。写真には写せていませんが、下の方にTOLOTのロゴが入っています。

 

画質は価格相応かと思います。風景などの写真はあまり気にならないのですが、人物の肌など、点々が結構目立つなといった印象です。

 

ただ今回作成したのは全てスマホ写真なので、一眼レフなどで撮影した明るい写真を使用した場合はまた印象が違ってくるのかもしれません。

 

私は普段しまうまプリントのフォトブック を作成することが多いのですが、しまうまプリントでは自動補正してくれるので、暗めのスマホ写真も加工せずに使用しています。

 

f:id:talotaro:20170917165459j:plain
f:id:talotaro:20170917165442j:plain

左がしまうまプリント、右がTOLOTO。それぞれフォトブックの画像を撮影したものを少しだけ拡大しています。元画像は同じで、どちらも未加工です。

 

トロットのフォトブックは自動補正がないので、暗い写真は暗いままです。写真を明るくしたい場合は、作成まえにあらかじめ加工しておく必要があります。

 

f:id:talotaro:20170917164243j:plain

最終頁には、奥付が入ります。タイトルのほか、ちょっとした文章も一緒にいれることができます。

 

価格

TOLOTのフォトブックは、B5とB6の2サイズ展開。

 

B6サイズ65ページ、B5サイズ24ページともに送料込みで500円(税込)です。

 

ノハナやしまうまプリントに比べると安さのインパクトはあまりありませんが、それでも十分低価格です。

 

1ページ換算すると約8円です。格安ネットプリントの価格と同じか、少し高い程度でしょうか。

 

またプレミアム仕様といったものもあり、そちらはB6サイズ64ページで、送料込み1000円(税込)。クリアケース付きです。

 

TOLOTではクレジットカードのほか、WebMoneyでの支払いもできます。

 

その他の格安フォトブック

格安価格で作成できるフォトブックは、今回紹介したTOLOTのほかにもいくつかあり、それぞれに特徴があります。

 

自分にあったサービスを見つけてぜひ作成してみてください。