PHOTO POTA

写真整理に、フォトブックという選択肢。

七五三写真で自作アルバム。おすすめのフォトブックサービス4選。

七五三のお祝いは、こどもの成長の大きな節目のひとつですね。

 

スタジオアリスなどのフォトスタジオで前撮りをしたり、お参りの際に出張カメラマンを頼んだりと、特別な写真を残す方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、七五三にぴったりなフォトブックをいくつか紹介していきたいと思います。

 

マイブック

・テンプレートが超優秀

・企業ロゴやバーコードが入らない

・ラミネート加工

オリジナル写真集ならMyBook

 

マイブックの魅力は、とにかく優秀なテンプレートが揃っているという点です。

753用のテンプレートも、赤を基調としたタイプと、青を基調としたタイプの2種類用意されており、どちらもとても使いやすいです。

 

またマイブックで作成したフォトブックには、裏表紙などに企業ロゴやバーコード、QRコードといったものが一切入りません。マイブックのレビュー記事でも書いたのですが、一般向けのフォトブックサービスでロゴが入らないというのは貴重です。

普段の成長記録などであればたいして気にならないのですが、やはり七五三のような特別なフォトブックには、企業ロゴなどはない方がうれしいです。

 

中ページの加工にはラミネート加工を選択することができます。水や汚れにも強くなるので、保管という点でも安心感があります。

 

気になる点は画質でしょうか。

 

マイブックは、印刷タイプのフォトブックです。

 

十分綺麗ではあるのですが、写真屋さんで現像してもらった写真に比べると、少しぼんやりした印象になりがちです。

 

※フルフラットの高画質タイプがマイブックでも登場しました!今後テンプレートが増えれば有力候補になりそうです。

 

 

ココアル

・A4横型サイズが格安

フォトブック・フォトアルバム作成サービス |cocoal [ココアル]

 

特別なアルバムということで、大きめサイズのフォトブックを作成したいけれど、そんなには予算がとれない。そんな方にはココアルのフォトブックがおすすめです。

定期的に半額キャンペーンを行っていて、かなりのお手頃価格でA4横型サイズのフォトブックを作成できます。

大きな写真はやはり迫力がでますし、特別感もあります。

 

表紙に厚みがありどことなく高級感な雰囲気。七五三のフォトブックにもピッタリです。

 

テンプレート通りに配置していくココアルと、自由な配置ができるココアルクイック、2通りの作成方法があります。

それぞれ別ソフトになるのですが、どちらも七五三のアルバムに使用しやすい、和柄のテーマが用意されています。

 

マイブックと同じく印刷タイプのため、画質がネックとなる可能性があります。

 

 

イヤーアルバム

・写真品質

・ラミネート加工

イヤーアルバム 簡単にフォトブック・フォトアルバム作成

 

カメラのキタムラでも注文できる、フジフイルムのイヤーアルバム。写真仕上げ(銀塩タイプ)なので、印刷タイプのフォトブックに比べて画質がきれいです。

製本もしっかりしていて、七五三の様な特別な行事にぴったりです。

 

写真の自動選択機能についてですが、1年間のベストショットを選択したいという時には正直少し使いずらいなと感じました。

しかし七五三の様に、同じ日の、似たような写真の中からベストを選択したい、といった時にはなかなかに便利な機能です。映りの良い写真をバランス良く選択してくれるので。

 

気になる点をあげるとすると、表紙の仕様でしょうか。

イヤーアルバムでは、表紙に好きな写真を選択することができません。

表紙にもどーんとお気に入りの写真を配置したいというのであれば、同じく銀塩タイプの、フジフイルムのハードカバーフォトブックがおすすめです。

 

また、中ページの厚みも好みが分かれるところかもしれません。

写真仕上げのフォトブックは、印刷タイプのものとは違いページに厚みがあります。スタイリッシュさには欠けてしまいますが、落ち着いた印象で高級感があるため特別な写真集にはあっているのではないかと思います。

 

 

ネットプリントジャパン(高画質タイプ)

・お手頃価格で高画質

1冊180円~の高品質フォトブックプリントサービス【ネットプリントジャパン】

 

今回は特別な写真を残すことを意識して、少々お高めのフォトブックサービスを紹介してきました。

しかし、もっとお手頃価格で作成したい!という方は是非、ネットプリントジャパンのフォトブックを試してみてください。

 

格安フォトブックサービスのひとつなので、そのままでは特別な日のフォトブックには少し物足りない感じがするかもしれますん。

 

しかし、追加料金でハードカバーのしっかりとした製本タイプも選択できますし、高画質タイプも選択できます。

この高画質タイプでは、デパ帳と同じドリームラボ5000という印刷機を使用して印刷してくれます。

もちろん仕上がりが全く同じという訳ではないのですが、お手頃価格できれいなフォトブックを作成することができます。

 

編集の自由度は低く、テンプレートの種類も少なめのため、こだわって作成したいという方にはあまり向きませんが、シンプルに配置していくだけで良いという方には、問題ないかと思います。