PHOTO POTA

写真整理に、フォトブックという選択肢。

フォトブック初心者におすすめ!シマウマプリントのフォトブック。

フォトブックを作成してみたいけれど、なんとなく大変そうだしお金もかかりそう。

 

そんな方におすすめしたいのが、しまうまプリントのフォトブックです。

 

激安ネットプリントでおなじみの、しまうまプリント。一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

このしまうまプリントではフォトブックサービスも展開していて、最も安い文庫サイズでは1冊198円+送料という低価格で作成できます。

 

我が家では3年ほど前から、通算50冊以上作成してきました。

f:id:talotaro:20170711204211p:plain

はじめは3か月に一冊程度の作成だったのですが、今では毎月1冊のペースで作成しています。もっと早くから作成しはじめておくべきだったと後悔しているところです。

 

今回はそんな、我が家が愛用のしまうまプリントのフォトブックについてお話ししたいと思います。

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック

 

 

しまうまプリントのおすすめポイント

オススメポイント1.価格が安い。

しまうまプリント一番の特徴は、その安さです。

 

冒頭でも触れましたが、一番安価な文庫本サイズであれば、送料込でも300円程度で作成できてしまいます。

 

1ページに2画像入るレイアウトを選べば、198円のフォトブックでも最大で69枚の写真を詰め込むことができます。そうすると1画像あたり約2.9円。

 

ちなみに4分割のレイアウトもあります。

 

サイズはもちろん小さくはなってしまうのですが、文庫サイズの四等分ですから、十分見れる大きさです。

 

オススメポイント2.作成が簡単

パソコンからも、スマホアプリからも作成できます。

 

我が家はカメラで撮影した写真も使用するので、一度パソコンに写真をまとめてから作成していますが、スマホでしか写真をとらないという方はスマホの中で注文まで完結させることができます。

 

パソコン編集画面 

f:id:talotaro:20170714004727p:plain

 

基本的には画像をアップロードして、テンプレートに当てはめるだけで作成できます。

 

作成方法についてのコツなどは別記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

 

 オススメポイント3.納期が早い 

大抵注文の翌日に発送完了メールが届き、一週間以内にはポストに入っています。

思い出が新しいうちに写真をみることができるので、盛り上がります。

 

しまうまプリントのフォトブック、仕上がりは?

安かろう悪かろうではないのがしまうまプリントの魅力で、価格の割に品質面もしっかりしています。 

 

画質について

下の写真は、しまうまプリントのフォトブックをカメラで撮影したものです。 

f:id:talotaro:20170711231733j:plain

f:id:talotaro:20170711232341j:plain

結構「くっきり」色がでているのではないでしょうか。

この価格でこの画質であれば、十分かなと思います。

 

ちなみに、もう少し高くても良いものを作成したいという方向けに、プレミアム仕上げがリリースされました。

 

2018年11月現在はパソコンでの作成のみですが、スマホアプリも準備中とのことです。

 

製本について

無線綴じのくるみ製本タイプで、表紙は外すことができます。

f:id:talotaro:20170714011948j:plain

以前は表紙を外すとしまうまの絵が出てきていたのですが、現在は無地になりました。

 

また、36ページの薄さでも背表紙にはちゃんとタイトルが入ります。 

f:id:talotaro:20170720184241j:plain

最後のページには、表紙の画像とタイトル、そしてシマウマのロゴとバーコードが入っています。

 

レイアウトについて

しまうまプリントのフォトブックでは少ないながらもレイアウトの選択ができます。

 

見開き1ページのレイアウトも作成することができるのですが、結構くいこみが深いので見開きレイアウトには注意が必要です。人物の顔などは中央付近に配置しない方が良いです。

 

フォントについて

テンプレートによっては文字を添えることができるのですが、フォントの数は少ないですし、文字の大きさも固定で大きめです。

 

長文を入れたいときは、文字のみのレイアウトを選択するか、いっそのこと作成後に手書きしてしまうのも良いかと思います。

まとめ  

我が家ではしまうまプリントのフォトブックは、長期保存用というよりも閲覧用として作成しています。

撮影した写真が形になって届いて、思い出を共有できるというのがポイントかなと思っています。

 

子供たちに汚されても「まぁいいか」と思えるような価格帯ですし、作成後は本棚に適当に立てかけて、家族みんなが自由に手に取って見れるようにしています。

 

こどもたちも結構頻繁に見てくれて、「○○行ったの楽しかったね」なんて会話が発生したりもしています。

 

その他のおすすめフォトブック

今回紹介したしまうまプリントのフォトブックは、ちょっとしたおでかけの写真をまとめたいだとか、写真枚数が少ない時にササッと作るというのにはかなりおすすめです。

 

そしてしまうまプリントのほかにも、特徴あるフォトブックサービスはたくさんあります。

 

そこそこ低価格で大量の写真をまとめたいという方にはオートアルバムあたりがおすすめですし、特別なフォトブックを作成したいという方は、マイブックやフォトバックなどがおすすめです。

フォトブックに少しでも興味を持ってもらえるとうれしいです。