PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

しまうまプリントのフォトブック。意外と知らない作成のコツ。

格安フォトブックサービスのしまうまプリントでは、 2017年9月30日までフォトブック送料無料キャンペーンを行っています。

 

この機会にフォトブックを作成してみようと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事ではしまうまプリントのフォトブックの作成手順やちょっとした編集のコツなどを紹介していきたいと思います。

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック

 

画質などの仕上がりレビューについては過去記事で述べているでよろしければご覧ください。

 

 

フォトブック作成方法の選択 

スマホアプリからの作成か、パソコンサイトでの作成かを選択できます。

 

途中から作成方法を変更することはできないので、作り始める前にどちらか選んで置く必要があります。

 

スマホアプリが向いている方 

・スマホでの撮影メインで写真はスマホに入ったまま

・空き時間に気軽に作成したい

・レイアウトにはこだわらない

 

パソコンサイトが向いている方

・デジカメでの撮影がメイン

・スマホ撮影がメインだけど写真はパソコンに保存している

・多少はレイアウトを整えたい

 

スポンサーリンク

 

パソコンでのフォトブック作成手順

アプリ作成とパソコン作成、どちらも価格やサイズなどの仕様に違いはありませんが、パソコン作成の方が行えることが多いです。

アップロード

パソコンでフォトブックを作成するために、まずは使用する写真をアップロードする必要がありまあす。

 

アップロード方法

f:id:talotaro:20170909202227p:plain

上の画像の通り、アップロードの方法は4種類あります。

 

一般的な方法は1番左側の項目、写真をアップロードしての使用でしょうか。パソコンなどに保存してある写真を選択して読み込みます。

 

しまうまアルバムはしまうまプリントが行っている、使用料無料・容量無制限のクラウドストレージサービスです。

 

ストレージ上にアップロードした写真を、しまうまプリントでの写真プリント注文や、フォトブックの作成に利用することができます。

 

ストレージからのダウンロードはできないので活用の幅はせまいですが、私のようなしまうまプリントヘビーユーザーには便利なシステムです。

 

そのほか、インスタグラムやフェイスブックと連携して写真を取り込むこともできます。普段からそういったSNSを活用している方には、便利な機能ですね。

 

写真の選択

保存している写真全てをアップロードするのではなく、作成を始める前にアップロードする写真をピックアップしておくことをおすすめします。

 

私はしまうまプリント専用のフォルダを作成して、使いたい写真をまとめています。

 

編集ソフトの写真選択画面はあまり大きくないので、アップロードした後に選ぶよりもあらかじめ選んでおいた方が選びやすいです。

 

アップロードできない

また選択枚数が多いと写真の読み込みに時間がかかりますし、エラーになってしまいなかなかアップロードできない場合もあります。

 

どうしても大量にアップロードしたいという場合は、「しまうまフォトアルバム」に一度写真を移してから、フォトアルバム経由で作成するとスムーズです。

 

枚数の目安

枚数の目安ですが、しまうまプリントのフォトブックでは1ページ2枚のテンプレートも選択できるので、例えば36 ページの場合は、表紙とあわせて最大で69枚の写真を使うことができます。

 

それ以上の枚数をアップロードしても写真が余ってしまいます。

 

 

見落としがちな編集 

写真の選択に気を取られて見落としてしまいがちなのですが、しまうまプリントでは中ページのレイアウト以外にも編集できる箇所があります。

 

表紙の編集

f:id:talotaro:20170910001452p:plain

まずひとつめは、表紙の編集です。表紙の レイアウトとカバーの色を選択できます。

 

タイトル・サブタイトルもこのページから入力します。表紙に入れた文字は、自動的に背表紙にも入ります。

 

フォントの変更 

f:id:talotaro:20170910003248p:plain

もう一点見落としがちなのが、フォントの変更です。初期設定では中ゴシックになっていますが、タイトル・本文とそれぞれフォントを選択することができます。

 

残念ながらあまりお洒落なフォントはありませんが、少しでも柔らかい雰囲気にしたいなという方には、「じゅん」がおすすめです。

 

スマホアプリでも可能な編集

パソコンからしかできない編集が多いのですが、スマホでもできることもあります。次にあげる項目は、パソコンだけではなくスマホからでも編集ができます。

・表紙カラーの変更

・写真の自動配置

・レイアウトの変更

・写真の回転

・一括での自動補正有無

フォントの選択や、写真の大きさの微調整などはできません。

 

また自動補正については、パソコンから作成する場合は写真1枚ごとに補正の有無を選択できます。

 

レイアウトのコツ

写真配置の注意点

しまうまプリントのフォトブックは無線綴じ製本といって、180度しっかりとは開かないタイプです。なのでレイアウトを考える際には、真ん中に人物の顔などの重要な部分が来ないように、注意する必要があります。

  

かといって端に寄せすぎると、今度は裁断で断ち切られてしまう場合があるので、こちらも注意が必要です。

 

写真の大きさ変更

パソコンから作成している場合、「オプション」の項目で写真の大きさをある程度自由に変更することができます。

 

応用することで、横枠に縦写真をいれたり、レイアウトをそろえたりといったことが可能になります。

 

横枠に縦写真 

例えば、このレイアウト。

f:id:talotaro:20170910012803p:plain

f:id:talotaro:20170909231450p:plain

このように、「画像を枠にフィットさせる」のチェックを外し縮小することで、縦写真に変更できます。

 

しまうまプリントのフォトブックには1ページに縦横両方のレイアウトが入るテンプレートはありません。しかしこの方法であれば縦写真と横写真を同じページ内に配置することが可能です。

 

レイアウトを揃える

次は、こちらのレイアウト。

f:id:talotaro:20170909231929p:plain

左右のページで横線が少しずれているのが、気になりませんか。

 

f:id:talotaro:20170909232059p:plain

テンプレートを1面に変更して、

 

f:id:talotaro:20170909232122p:plain

先ほど行ったようにサイズを小さくすることで、

 

f:id:talotaro:20170909232231p:plain

一列に揃いました。こちらの方が見やすいと思いませんか。

 

パソコン作成の場合しか行えない小技ですが、使いこなすことができれば配置の選択肢が少し増えます。

 

その他のおすすめフォトブック

過去の記事でも書きましたが、しまうまプリントのフォトブックは、個人的に格安フォトブックの中では一番使い勝手がよくて愛用しています。

もう少し画質を良くしたいという方は、【ネットプリントジャパン】のフォトブック がオススメです。しまうまプリントと同系列のフォトブックサービスなのですが、プラスαのお手頃価格で高画質タイプのフォトブックを作成できます。

 

ネットプリントジャパンでも2017年9月30日まで、フォトブック送料無料キャンペーンを行っています。

 

また、さらにこだわって作成したいという方にはマイブック フォトレボ がオススメです。価格帯はもちろんあがってしまうのですが、自由に写真を配置できますし、格安フォトブックに比べて画質もきれいです。