PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

ポケットフォトブックでバインダー式のフォトブック作成。

フエルアルバムでおなじみのナカバヤシが運営するフォトブックサービス、フエル(FUERU)フォトブック。

 

今回作成したポケットフォトブックは、その中のひとつです。

 

フォトブックとはいっても製本されて出来上がってくる本の様なタイプではなく、フォトシートを作成して専用のバインダーに挟み込んでいくタイプ。

 

1ページに写真が8枚並ぶシンプルなレイアウトで、凝ったことはできないのですがその分写真を選ぶだけで良いので簡単に作成できます。

 

私はパソコンから作成していますが、アプリでも作成可能でスマホ写真も手軽に作成でき、シート1枚からでも注文できるので、気が向いたときにサクサクっと作れます。

 

 

仕上がりレビュー

はじめての注文だったので、バインダーとフォトシートを一緒に注文しました。

 

布表紙とレザー調表紙があり、今回選んだのは布表紙の方。5色から選択できます。  

f:id:talotaro:20170811013231j:plain

背表紙には手書きでタイトルを書き込むことができる仕様になっています。ビニールカバー付き。

 

f:id:talotaro:20170811143032j:plain

印刷仕様なのですが、つやがあるのでパッと見写真っぽい仕上がりです。用紙全体ではなく、印刷されている部分にだけニス加工が施されています。

 

銀塩写真ほどの滑らかさはないのですが、価格を考えれば十分な画質なのではないかと思います。スナップ写真を残すのに問題ない程度です。

f:id:talotaro:20170811143116j:plain

日付は写真の左下に自動で表示してくれます。(表示させないことも可能)

 

日付情報がない写真は自動表示されないのですが、手動で編集することで再度日付順に並べ替えることができます。

 

とても便利な機能なのですが、1枚ずつ修正しなくてはいけない点だけ少し残念。今回作成したアルバムはほとんどがスキャナで取り込んだ写真だったため、複数選択できたらもっと便利なのになと思いました。

f:id:talotaro:20170811143500j:plain

 タイトルカードを入れることができて、文字入力も可能です。

 

配置は全部横配置です。写真を回転させることはできますが、回転させても縦配置にはなりません。

 

価格

ポケットフォトブックのフォトシートは、1シートあたり110円。表裏あわせて1シートに16画像なので、1画像あたり約6.9円の計算になります。激安というほどではありませんが、お手頃価格ですよね。

 

バインダーはもちろん別料金で、今回選んだ布表紙は780円。

 

1日限りにはなりますが、SNSの告知で毎月ポケットフォトブック用のバインダーが半額になるキャンペーンを行っているので、そのタイミングを狙えばお得に作成できます。

 

他にも紹介制度があり、クーポン番号を入力することでフォトシートが1枚無料になります。

 

招待コード:MTK44

 

こちら紹介者も一枚特典が貰える仕組みなのですが、そういったことが気にならない方は良かったらお使いください。

 

私もインターネット上から拾ってきたコードを利用させて頂きました。

 

1000円以上でクロネコメール便の送料が無料になります。1枚から注文できますが、お得感を求めるのであればある程度まとめて発注するのがおすすめです。最後の編集から21日間、保存してくれます。

 

まとめ

A4サイズに8分割なので、写真1枚1枚がそれなりの大きさで見やすいですし、コメントも書きやすい。日付も自動でいれてくれるので、画質に強いこだわりがないのであれば、日々のスナップ写真をまとめるのにもぴったりだと思います。

 

私はこのポケットフォトブックでこどもの幼稚園写真を集めたアルバムを作成しています。幼稚園時代の思い出がコンパクトにまとまって満足です。

 

もともとは園で購入した写真をそのまま専用のファイルにとじていたのですが、3年分ともなるとかさばってきてしまい、もうすこしコンパクトにまとめたいなと思いました。

 

後からでもシートを追加できる形式のフォトブックなので、在園中でもコツコツ作成をすすめていくことができて便利です。

 

もう一点便利だなと思うのが、レフィルを追加できる点

f:id:talotaro:20170902134706j:plain

私が使用しているのは上の2種類。

 

2Lサイズの集合写真や、運動会のパンフレットなどをフォトシートと一緒にとじておくことができます。

 

またポケットフォトブックの公式Q&Aページによると、レフィルのみでなくフエルフォトブックのバインダー式フォトブック、フォトバインダーのフォトシートも一緒にとじることができるそうです。

 

フォトバインダーはダウンロードソフトで作成すれば、自由な配置ができます。

 

注文は2シート単位になりますが、例えば入園式や運動会など、気合をいれて編集したいイベントがあれば、その時だけ自由編集で作成するのもよさそうです。

 

サイズはフエルフォトブックのA4サイズの方が一回り小さくなるので、逆にフエルフォトブックのバインダーにポケットフォトブックのバインダーを挟もうとすると、はみ出してしまうみたいです。

 

その他のおすすめフォトブック 

もっと写真が小さくて良いからたくさん詰め込みたいって方は、オートアルバムがおすすめです。ポケットフォトブックの様に後からシートを足したりはできませんが、とにかくたくさん写真が入ります。