PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

フォトバック「ROUGH」で、スタジオ写真の自作フォトブック

貸切型のハウススタジオ、ライフスタジオで撮影した七五三の前撮り写真。

 

Photobackでフォトブックにしました。

 

使用したのは「ROUGH(ラフ)」というサービス。

 

スタジオ写真のフォトブック、なかなかイメージ通りにならなくて他にも3社ほど作成してみたのですが、この「ROUGH」で作成したものが一番のお気に入りです。

 

他のサービスと比べて決して画質が良いというわけではないのですが、雰囲気が良い。

 

ライフスタジオのお洒落な空気感にマッチします。

photoback「ROUGH」ってどんなサービス?

コンテンツワークスが展開するフォトブックサービス、フォトバック。

www.photoback.jp

 

本の様な中綴じタイプのフォトブックも扱っているのですが、今回作成した「ROUGH」は、合紙製本といわれる見開きフラットのフォトブック。

 

合紙製本のタイプはほかにも、高級路線の「FOLIO」、お手軽タイプの「POCKET」と、計3種類展開しています。

 

「ROUGH」のサイズと価格

サイズは150mm×150mmの正方形サイズで、価格は3種類。

 

16ページ 1,600 円

26ページ 2,400 円

36ページ 3,600 円

 

送料は別途必要で、ゆうパック(税抜477円)かクロネコDM便(税抜172円)を選べます。

 

5000円以上の注文で、送料が無料になります。

 

クーポン情報

ソニーのαカフェというサイトへの登録で、1500円分のクーポン(有効期限あり)が発行されます。

 

LINEやtwitterでもたまにクーポンがでてるのですが、たいてい数百円程度で、大幅な値引きはありません。

 

以前はたくさん作成するたびに割引額が大きくなる制度もあったのですが、なくなってしまいました。今はポイントを集めて特典と交換する制度になりました。

仕上がり

注文から10日前後で到着します。

表紙 

表紙も「紙」でできています。

f:id:talotaro:20170724082541p:plain

しっかりとした厚紙ですが、そのままにしておくのはやっぱりこわい。

 

汚れや折れ曲がりを防ぐために、オプションで販売されているビニール製の表紙のカバーも購入しました。(ROUGH用は税抜300円)

 

アイテムごと、ページ数毎にぴったりサイズで作成されているので、カバーをつけてもきれい。

 

入れるときはちょっと苦労しましたが。

 

新規会員登録の特典で、カバーが1つおまけで付いてくるみたいですよ。

  

中ページ

ざらざらとしたマットな紙質。

 

フルフラットタイプのフォトブックは分厚くなることが多いのですが、これは薄い。

 

重厚感はありませんが、決して安っぽくはないです。

 

かろやか。

 

ただやっぱり紙なので、簡単に破れるだろうなと思います。

 

子供に渡すのはこわい。

f:id:talotaro:20170720200729p:plain

合紙製本のフルフラットタイプなので、中心までしっかり見えます。

 

ただ、1ページがそんなに厚くないので、立てて飾るにはちょっと頼りない。

 

レイアウトはシンプルなものばかりで種類も少ないのですが、その分洗練されている印象。

 

余白のとり方がきれいで、自由レイアウトで自分で作成してもなかなかこうはいかないよなって思います。

 

スタジオ写真は自分で撮影したスナップ写真とは違い、切り抜いたり加工したりしなくてもそのままで絵になるので、シンプルなレイアウトが良くあいます。   

まとめ

価格の割には画質が良いわけでもなく、保存性に不安もあり、編集などできることも少ないこのフォトブック。

 

クーポンもほとんど発行されないので、スナップ写真で作成するには割高に感じるかもしれません。

 

私は普段使いのアルバムには選んでいません。 

 

ただその分、なんだか雰囲気が良いフォトブックが作成できます。

 

さすが、公式で「おしゃれ」を銘打っているだけあるなと思いました。

 

オシャレなスタジオ写真や、フォトグラファーさんに撮影してもらった特別な写真なんかは、うまくまとまるんじゃないかと思います。