PHOTO POTA

写真整理に、フォトブックという選択肢。

マイブックで七五三のフォトブック作成。仕上がりレビュー。

七五三のアルバムをマイブックで作成しました。

 

スタジオでの前撮り写真はすでにフォトブックを作成済みだったのですが、今回は七五三のお参り写真やちょっとした成長記録などの盛り込み、成長の節目としてのフォトブックを作成してみました。

 

このマイブック、以前記事にしたオートアルバムと同じアスカネットさんが扱っているサービスなのです。 

アスカネットさんはほかにも、マイブックライフというフォトグッズ作成サービスも展開しています。  

 

今回注文したのは、A5サイズの縦長タイプです。

表紙はハードカバーを選択。しっかりと厚みがあり、光沢もあります。

 

クリアケースに入っています。

f:id:talotaro:20170722122926j:plain

装丁もしっかりしています。

 

マイブックは6色印刷。

 

銀塩タイプや7色印刷などのトップクラスの画質に比べると少しぼんやりした印象を受ける方もいるかもしれません。

でも色合いがきれいですし、自分で撮影したスナップ写真などには十分かと思います。

 

中綴じタイプなので、見開きや真ん中寄りのレイアウトには注意が必要です。

 

表面加工はニス・ラミネートつやあり・ラミネートつやなしの3種類から選択できます。

f:id:talotaro:20170902134151j:plain

 

 

つやありの方は光が反射してつやつやとしています。こちらの方が「写真っぽい」仕上がりになります。

 

一方つやなしの方は、反射のないマットな仕上がりです。

 

仕上がりの差を確認したい方は、作成前にマイブックさんに問い合わせて加工見本を送ってもらうこともできます。

 

今回作成する七五三のフォトブックは写真アルバムの様な雰囲気にしたかったので、ラミネートつやありを選択しました。

 

以前スタジオ写真のみのフォトブックもマイブックで作成したのですが、その際は艶なしを選択しました。サラサラで柔らかい印象になります。

 

汚れや水濡れなどに強くなるので、特にこだわりがないのであれば、ラミネート加工にするのが無難かと思います。

つやあり・つやなしは好みで選んだら良いと思います。 

 

マイブックは、最終ページや裏表紙などに企業ロゴやバーコードが一切はいりません。

 

これ実は結構貴重なんです。

 

普段のスナップ写真ならば気にならないのですが、今回の七五三や結婚式のような記念アルバムには、できれば余計な表記がない方がありがたいですよね。

 

 テンプレートは、七五三アルバム用に作成されたマイブックのテンプレートを使用しました。

f:id:talotaro:20170902133641j:plain

f:id:talotaro:20170902133658j:plain

f:id:talotaro:20170902133712j:plain

 

七五三用のテンプレートはもともと上の写真の様な赤をベースにしたのものだけだったのですが、2016年に青をベースにしたテンプレートが新しく登場しました。

 

スタジオアリスなど、大手チェーン系のスタジオ写真がしっくりとくるテンプレートだなといった印象です。

 

マイブックは正方形サイズのテンプレートの方が豊富なのですが、七五三テンプレートは縦長サイズになります。

 

 

成長記録のフォトブックにもおすすめ

我が家ではスタジオ写真と七五三のフォトブックのほか、こどもの生後1年のフォトブックもマイブックで作成しました。

f:id:talotaro:20170722123215p:plain

使用したのは、マイブックの中でも人気No.1だという「baby」というテンプレート

 一年を一冊にまとめることができる仕様になっていて使いやすいです。