PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

富士フィルムハードカバーフォトブックとイヤーアルバムの違い

カメラのキタムラでも取り扱っている、富士フィルムのフォトブック。

 

イヤーアルバムとハードカバーフォトブックはどちらもフルフラットのハードカバー銀塩タイプで、仕上がりがよく似ています。

 

それぞれの作成レビューで小出しに紹介した部分もありますが、今回違いをまとめてみたいと思います。

 

編集ソフトが違う

イヤーアルバムとハードカバーフォトブックは、それぞれ編集ソフトが別物です。そのためフォトブックの作成手順や、仕上がりのデザインなどが違ってきます。

 

イヤーアルバムは1種類、ハードカバーフォトブックは2種類の編集方法があります。

 

カメラのキタムラ経由で注文する場合などは、店舗での作成も可能です。

 

イヤーアルバム

・自動写真選択・配置機能がある

・固定レイアウト(テンプレート選択式)

・表紙写真選択不可

・サムネイルあり

 

 

ハードカバーアルバム(WEB編集タイプ)

・固定レイアウト(テンプレート選択式)

・表紙写真選択可

 

 

ハードカバーアルバム(ダウンロードタイプ)

・自由レイアウト

・表紙写真選択可

 

使用できるテンプレートやスタンプなどもそれぞれ異なります。

 

サイズ展開 ・価格 

イヤーアルバムがA5・A4サイズの2種類展開なのに対して、ハードカバーフォトブックはA5・A4サイズのほかスクエアサイズ2種類の計4種類展開です。

 

スクエアサイズは145cm×145cmと185cm×185cmの2種類で、こちらのサイズはイヤーアルバムでは作成できません。

 

またハードカバーフォトブックでも、カメラのキタムラ経由で店舗で作成する場合は、A5とA4の2種類しか選択できません。

 

どのサイズも最少16ページから8ページ刻みで、最大48ページまで作成可能です。

 

同サイズ・同ページ数であれば、イヤーアルバムもハードカバーフォトブックも価格に違いはありません。同じ価格です。

 

表紙の仕様

イヤーアルバムの表紙は自由レイアウトではありません。いくつかのデザインの中から選択する形式です。

サムネイルとして写真が入るレイアウトもありますが、写真の選択は編集ソフトが自動で行います。

 

一方、ハードカバーフォトブックは表紙に使用する写真を自分で選択することができます。

表紙に好きな写真を使用したいという方は、ハードカバーフォトブックを選ぶ必要があります。

 

ページ構成

ハードカバーフォトブックは、表紙をめくるとすぐに写真のページで、最後まで写真のページが続きます。

 

一方イヤーアルバムは、表紙をめくると1ページ目はタイトルと(選択するレイアウトによっては)サムネイルが入ります。また最後のページには、ちょっとした目次とフリースペースがあります。

f:id:talotaro:20170927185026p:plain
f:id:talotaro:20170725014709j:plain

右:ハードカバーフォトブック / 左:イヤーアルバム

 

まとめ

製本や画質の面ではどちらも安心できる品質なので、デザインの好みで選択したら良いのではないかと思います。

 

私はイヤーアルバムの表紙や背表紙の感じが好きなので、もっぱらイヤーアルバムで作成しています。

 

カメラのキタムラの店舗に見本が置いてあることもあるので、近くにある方は違いに注目しつつ、実際に手に取って見比べてみてください。