PHOTO POTA

写真整理に、フォトブックという選択肢。

画質が良いと評判のデパ帳。七五三のフォトブック作成してみました。

※デパ帳は2018年8月31日をもちまして、サービスを終了しております※

 

七五三のフォトブックは何冊か作成しているのですが、今回紹介するのは、画質に定評のあるデパ帳のフォトブックです。

 

前々から気になってはいたものの、なかなか注文する機会のなかったデパ帳。

今回はじめてということで、試しに一番安価なランドSサイズ(172×121cm)を注文してみました。

  

仕上がりレビュー

f:id:talotaro:20170728135231j:plain

f:id:talotaro:20170728144038j:plain

透明ケースに入っています。

 

表紙は光沢とマットの2種類から選べます。

 

今回2冊作成したので、両方試してみました。

f:id:talotaro:20170728142349j:plain

右が光沢でつやつや、左がマットでさらさらです。光沢の方は、光を反射しています。

 

私はマットの方が落ち着いた雰囲気になって好きです。

f:id:talotaro:20170723000453j:plain

中綴じ製本です。

f:id:talotaro:20170728125142j:plain

f:id:talotaro:20170723000509j:plain

 1枚目に厚めの紙が来て、さらに遊び紙。

中ページの紙質はラスターとサテンの2種類があります。こちらも試しに両方作成してみました。

 

ラスターとサテン、質感は全然違いました。

 

今回注文したフォトブックは小さめサイズなのですが、ラスターは小さくても重厚感があります。

 

手触りも見た感じも重みがあり、なんというか「しっとり」しています。

 

一方サテンはさらっとしていて軽やかな印象です。

 

気になる画質ですが、やはりとてもきれいでした。

 

今回作成したのは中綴じタイプのフォトブックでしたが、180度しっかりと開くレイフラットタイプも気になっているので、また作成してみたいと思っています。