PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

フォトバック・キタムラ・フジフイルム。文庫本タイプのフォトブック比較

フォトブックには様々なサイズがありますが、今回は文庫本サイズ(A6相当)のフォトブックについて取り上げてみたいと思います。

 

文庫本サイズのフォトブックはアルバムとしては小さめですが、手に馴染んで見やすいサイズとなります。

 

本棚への収まりも良いし、持ち運びも楽にできるので、写真を見返すのにオススメのサイズです。

 

各社文庫本サイズフォトブック特徴

文庫本サイズで、書籍タイプのフォトブックを紹介していきたいと思います。

 

ここで紹介する3種類はどれも、背表紙にもタイトルが入ります。

 

フォトバック「BUNKO(ブンコ)」

f:id:talotaro:20170722225344p:plain

サイズ  108×144cm

ページ  36~96p

価格   2,581~3,734円

納期   10日程度

帯    12色

作成   webサイト

テンプレート 27種

フォトバック:https://www.photoback.jp/

 

帯にも文字が入ります。 

 

いちばん「文庫本っぽい」仕上がりになるのが、このフォトバックのBUNKOかなと思います。

 

レイアウトは少ないですが、どれも洗練されている印象で、当てはめていくだけでお洒落な雰囲気の作品が仕上がります。

 

カメラのキタムラ「フォト本」

f:id:talotaro:20170723000949p:plain

サイズ   105×148cm

ページ    24~120p

価格   2,160~3,888円(無線綴じ)

     2,700~4,428円(フラット)

納期   5日程度

帯    10色

作成   webサイト

     スマホアプリ

テンプレート 60種

フォト本:

http://photobook.jp/photobon/top/

 

無線綴じタイプ・フルフラットタイプが選択できます。フルフラットは見やすいですが、本っぽさをだしたいのであれば、無線綴じタイプがおすすめです。 

 

こちらも帯付きで、文字も入ります。

 

最大で1ページ9枚のレイアウトが可能なので、写真をたくさん使えます。

 

キタムラの半額券が使えるので、入手できればかなりお手頃価格で作成できます。

 

フジフイルム「PhotoZINE(フォトジン)」

f:id:talotaro:20170729180428j:plain

サイズ   145×105cm

ページ   16~200p

価格    1,296~3,780円

納期    10日程度

表紙  12色

作成  webサイト

フォトジン:

http://f-photobook.jp/photozine/

 

フジフイルムのphotoZINE(フォトジン)には、ブックタイプとマガジンタイプがありますが、文庫本サイズを取り扱っているのは、ブックタイプ。

 

雑誌の様なフォトブックがコンセプトのフォトジン。先にあげた2種類の文庫本サイズとは、少し雰囲気が異なります。

 

帯がなく、表紙カバーの折り返し部分に文字と写真を入れることができます。

 

右開きというのが大きな特徴です。また7種類のフィルターが選択でき、写真の雰囲気を統一することができます。

 

レイアウトの幅が広くて、文字を入れることができるレイアウトも豊富なのが魅力。

 

 

比較画像 

左から、フォトバック「BUNKO」、カメラのキタムラ「フォト本」、フジフイルム「フォトジン」です。

 

表紙カバー裏面

f:id:talotaro:20170830170109j:plain

 

カバーを外した表紙

f:id:talotaro:20170830170132j:plain

 

カバーを外した裏表紙

f:id:talotaro:20170830170145j:plain

 

中ページにつきましては、それぞれのレビューページに載せています。

 

銀塩タイプの文庫本サイズ

書籍タイプの3種類を紹介してきましたが、銀塩タイプでも文庫本サイズを取り扱っているフォトブックサービスがあります。 

 

ビビプリ(vivipri)

サイズ 10×15cm

ページ 16~80p

価格  1160円~ 

    追加2pごと90円

納期  3営業日程度

表紙  自由レイアウト

作成  ダウンロードソフト

vivipri:http://www.vivipri.co.jp/

 

ページが厚いので書籍っぽさはありませんが、写真仕上げだけあってきれいな画質です。自由にレイアウトできるのも魅力。

 

Check

vivipri(ビビプリ)でフォトブック作成。絵本みたいでこどもが見やすい。

サイズ違いですが、VIVIフォトブックのレビュー記事です。

 

格安フォトブックという選択肢

「しまうまプリント」や「ネットプリントジャパン」、「トロット」といった格安フォトブックでも、文庫本サイズのフォトブックは作成できます。

 

画質や製本の仕様はもちろん劣ってしまうのですが、思い出として見返すには十分な品質です。価格を抑えたいという方はこちらも検討してみてください。