PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

オートアルバムでインデックス作成。大量の写真データが本になった。

こどもの写真、ついつい撮りすぎてしまいませんか。

 

今でこそ写真が趣味で写真整理も日課となってる私ですが、以前は整理しようとしても写真を選ぶ段階でつまづいてしまっていました。

 

なんとかしなくてはと思いつつも、整理する時間がなかなかとれなくて結局データのまま。

 

そもそも選ぼうとしても選べない。表情違いも全部残したい。

 

そんな時は無理に選ぼうとせず、まるっとそのままインデックス形式のアルバムを作成してみてはいかがでしょうか。

  

作成方法はいくつかあるのですが、わたしのおすすめはオートアルバムというフォトブックサービス。

 

お手頃価格で簡単に作成できます。

 

我が家では毎年1冊、1年間の写真を集めてAutoAlbum (オートアルバム)でインデックスを作成しています。

 

 

 

オートアルバムってどんなサービス?

サービスを運営しているのはフォトブック界の老舗、アスカネットです。オートアルバムのほかマイブックやマイブックライフというフォトブックサービスも展開しています。

  

作成方法

画像を選択してアップロードすると、自動で写真を配置してくれます。

f:id:talotaro:20170720123129p:plain

ブラウザ上で完結するので、ソフトのダウンロードなどは必要ありません。

 

アップロードは1度に行うよりも、こまめに行った方が良いかもしれません。私は作成中に何度かフリーズを経験してしましました。

 

またフォトブックのサイズ選択は、最初のアップロード完了後に行います。

使用できる最大枚数以上の写真を選んでしまうと、そのサイズが選べなくなってしまいます。(たとえばA4横型を1ページ4枚で作成したい場合は、最初のアップロードの写真選択を400枚以内にする必要があります。)

 

多めにアップロードして不要な写真を削っていきたいって方は、最初はとりあえず数枚アップロードして、一度編集画面に入ってから順次追加していく方が良いです。

1度編集画面に入ってから、追加や削除を適宜行うことができます。

 

ただ編集ソフトの写真選択画面は小さいので、アップロード後に削っていくよりは、あらかじめ使う写真を選んで、フォルダにでもまとめておくことをおすすめします。

 

f:id:talotaro:20170720141202p:plain

 

テンプレートは固定で、等分割された配置になります。シンプルなので、操作もシンプルです。

 

オプションの項目では、縁取りのあり・なしや背景色(白か黒か)、余白にいれる情報(日付かファイル名か)を選択することができます。

 

我が家は背景白のフチなしで、余白には日付を入れています。

 

コメントをいれたいという場合は、ファイル名をコメントに変更しておくことで余白に入力することができますが、枚数が多いと結構手間がかかります。

 

コメントを入れたいという方は、仕上がった後に手書きで書いていくという選択肢もあります。

 

作成中は自動で上書き保存されます。

 

保存期間も最後の編集から90日間と結構長い。

 

近づいてくると、メールでお知らせもしてくれます。

 

仕上がりレビュー

作成済みのオートアルバムを紹介していきたいと思います。

 

サイズ展開は4種類ですが、我が家はいつもA4横型で作成しています。

 

大きい方がたくさん写真が入るから、という理由のほかにもうひとつ。

 

オートアルバムは中綴じタイプなので、横幅がないタイプだと手を放すと閉じてきてしまします。

 

A4横型くらいの大きさになると勝手に閉じてこないので、こどもと一緒に見やすいんです。

 

表紙

ハードカバーとソフトカバーを選択することができます。

 

ソフトカバーの方が若干薄くてかさばらなくなりますが、我が家はしっかりしたつくりのハードカバーを選択しています。

 

表紙はあらかじめデザインされているものを選ぶ形で、写真を入れることはできません。

 

f:id:talotaro:20170718132558j:plain

上の写真は「MIZU」というデザイン。つやつやとした仕上がり。 

 

こちらのA4サイズ、表紙デザインは全部で31種類と結構豊富。

f:id:talotaro:20170718132620j:plain

こちらはシンプルなレザー調黒布表紙。

 

落ち着いた雰囲気で好きなのですが、すぐに白っぽくなってきてしまいました。

 

子供に自由に扱わせるのであれば、デザインされているつやつやなタイプの方が汚れにくくて良いかもしれません。

 

100ページ、写真約1600枚でこの薄さ。1枚ごとの印刷だと、こうはいきませんよね。

f:id:talotaro:20170719005512j:plain

 

収納性抜群です。

 

中身

こちらは9分割。このくらの大きさが、一番写真が見やすいです。

f:id:talotaro:20170719005044j:plain

余白も十分にあるので、コメントも書き込みやすい。

 

フチなしの白背景で作成しています。

 

16分割。一眼レフを購入し、写真を撮る量が増えてからは、もっぱらこれ。

f:id:talotaro:20170719005117j:plain

写真一枚一枚は小さくなりますが、最大で1600枚の写真が1冊にまとまります。 

f:id:talotaro:20170719005333j:plain

9分割だとあまりスペースはないのですが、上の写真の様に余白を作成することで、がっつりコメントを書き込むこともできます。

 

フチありとフチなしを選べますが、我が家はフチなしで作成しています。

画質

ニス仕上げでつやつやしているので、パッと見きれいです。

 

よく見るとすごく綺麗というわけではないのですが、画質重視でなければ満足できるか品質。

 

4分割(L版とほぼ同サイズ)や、1ページ1枚の写真で作成したらまた印象がかわるのかもしれませんが、スナップ写真のインデックス用アルバムとしては十分な画質です。

 

データDVD(オプション)

f:id:talotaro:20170719005246j:plain

この写真のDVDは、自分で作成して、無印の不織布ケースに入れてつけたものです。

 

しかしオートアルバムには、税込432円で、すべての写真データが入ったDVDを作成してもらうことができるサービスもあります。

 

注文サイズによってデータが圧縮されて、A4サイズの16分割では、646px×443pxとなります。

 

ブログで使うのはちょうどそのくらいのサイズなので、データとしては十分ですね。

 

ただし、一般的なL版印刷での推奨サイズは1524px×1074px。

 

このサイズ圧縮がひっかかって、DVDの注文は控えていたのですが、自分で作成するのはやっぱり手間だし、データ保存は他にしてるし、次からは頼んでみてもいいかなと思っています。

  

オートアルバムの価格 

一番高価なA4横型100pハードカバーで、6,091円。

 

値段だけ見ると、高いなって思うかもしれません。

 

しかし16分割で最大1600枚の写真が入るので、1枚当たりに換算すると、約4円

 

ソフトカバーだと若干安くなります。

 

送料は別途必要で、宅急便税込432円。

 

一冊のみの注文の場合は、クロネコDM便税込162円も使用できます。

 

クーポン情報

 

オートアルバムのメルマガ登録で、時々割引20%OFF程度のクーポンが届きます。

 

そのほか、同じアスカネットが運営している、マイブックマイブックライフのメルマガからも、クーポンが発行されることがあります。

 

オートアルバムの魅力

1枚あたり4円といっても、あくまでインデックス用の小さ目サイズです。

 

格安ネットプリントを利用すればL版1枚5円で注文できる時代なので、安さだけでいえばそこまでのお得感はないのかもしれません。 

 

それでもオートアルバムに魅力を感じるのは、先ほども触れた収納性そしてその手軽さ

 

製本された状態で届くので、そのまま本棚に放り込める。

1600枚もの写真をアルバムを現像後に整理して、アルバムに入れていくのは大変ですよね。

 

しかもこのオートアルバム、先ほども少しふれたのですが、日付順に並び替えて、写真の下に日付情報をいれてくれます

 

まだオートアルバムの存在を知らない頃、とりあえず溜まりっぱなしの写真をなんとかしなくてはと、200枚ほど現像したことがあります。

 

写真に日付が入るのが嫌で日付なしで注文したところ、時系列バラバラで現像されてきて大後悔という苦い思い出が。

せめて順番になっていてほしかった。

 

素直に日付入りで現像に出しておけばよかったんですけどね。

  

Exif情報がないと並び替えができないのですが、自分で撮影したスマホ写真をそのままパソコンに入れてるって方は特に心配しなくても大丈夫かと思います。

 

ただ、たとえばスキャンした写真やライン等で受け取った写真なんかは並べ替えてもらえません。自分で並べ替えることはできます。

 

まとめ  

凝ったことはできませんが簡単に作成できるので、写真をデータで保存しっぱなしという方はぜひ試してみてください。 

 

オートアルバムでとりあえず形にすることで、厳選写真のアルバムを作りたい、って時にも写真を選びやすくなります。

 

ちなみに自由にレイアウトしたいって方にはMyBook フォトレボ ビビプリあたりがオススメです。