PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

こどもの成長記録をしまうまプリントのフォトブックで作成。

お手軽価格で写真集を作成できる、しまうまプリントのフォトブック。

 

我が家では毎月のスナップ写真でお世話になっているのですが、今回はこどもたちの1年分の成長記録をまとめてみました。

 

利用したのは文庫本サイズの96ページ、税抜598円+送料です。

 

仕上がりの状態

表紙。

f:id:talotaro:20170922001148p:plain

表紙には写真1枚と、タイトルとサブタイトルが入ります。

 

f:id:talotaro:20170922001459j:plain

表紙カバーが取り外せるタイプなので、カバーの下は無地です。

我が家では油断するとすぐに子供に外されてしまいます。無くしてしまわない様に注意が必要です。

 

年に一度の成長記録ということで、100均あたりで透明カバーを購入しよう、と思いつついまだになんの対策も行っていません。

 

 

背表紙。

 

f:id:talotaro:20170922001526j:plain

背表紙にも、タイトルが入ります。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、フォト本などと比べると両端の折れ方がカクッとしています。

 

96ページで作成したので結構な厚みがでました。普段作成している36ページと比べると約3倍です。

 

中ページ。

f:id:talotaro:20170922001703p:plain

ページが厚いので、少し開きにくさがありました。割と中心部分が食い込んでいるので、見開きレイアウトは避けた方が無難かもしれません。閲覧する分には特に問題ありません。

 

上の写真は、iPhoneで撮影したものです。日々のスナップ写真には十分な画質かと思います。

 

自動補正してくれるので、一眼レフで撮影した明るめの写真はもちろん、iPhoneで撮影した暗めの写真も、多少ザラザラはするもののそれなりにきれいです。

 

一眼レフ(kissx7)で撮影したものをフォトブックにした写真は、こちらの記事にのせています。

 

 

レイアウトによって、文字は入ったり入らなかったりします。文字の入るテンプレートで統一したらよかったかなと、少し後悔です。

f:id:talotaro:20170922001802j:plain

しまうまプリントは文字が大きめで、写真と一緒だと文字数はそんなに入りません。

成長記録のように、文章をたくさん入れたいときは文字のみのテンプレートも選択するといいかと思います。

 

奥付。


最後のページの奥付には、表紙の写真と、しまうまのロゴと、バーコード。 

トロットやノハナでは奥付にも文字が入るのですが、しまうまプリントには入りません。

 

一冊通してのコメントやメッセージなどを書きたいときは、手書きにするかあるいは、最後のページを写真ではなく文字ページにするのが良いかなと思います。

 

良かったところ

・納期が早い

その年の誕生日当日までの写真をアルバムに収めたいので、我が家では誕生日後にフォトブックを注文しています。

誕生日会を終えた後にすぐに注文して、一週間もたたずに出来上がります。

 

・作成データを長期保存できる

万が一紛失したり、びりびりに破かれたり、何かしらの理由で見れない状態になったとしても、発注データが残っているので再注文することができます。

ただしデータの保存には条件があり、しまうまプリントのフォトブックを定期的に作成し続ける必要があります。 

 

いまいちだったところ

・ページ数の単位が大きい

ページ数ですが、96ページの次は144ページと結構とびます。

 

ページ数とフォトブックに収めたい写真の枚数を合わせるのが、少しストレスになりました。空白のページがあってもいいよという方には全く問題ないかと思います。

 

私はできれば1ページ1枚のレイアウトにしたかったのですが、使用する写真を削ることができず、所々に1ページ2枚のレイアウトを使用することで96ページに収めました。

 

余ったページに最後のページに子供が書いた絵や手紙、来ていた服の写真などをいれて調整しても良さそうです。

 

まとめ 

こどもの1年分の成長記録は少し特別感を出したかったので、今まではフォトバックやフォト本で作成してきました。

 

しかししまうまプリントの安さは、かなり魅力的でした。

2人ぶん、3人ぶんとなると、価格の差はさらに大きくなってきます。

 

画質や紙の質感が劣っていたり、フォントが微妙だったり、奥付のコメント欄がなかったり、帯がついていなかったりなどなど、高価格帯のフォトブックに比べると安いなりの違いはあるのですが、こどもたちの日々の記録をまとめるには十分でした。

 

96ページともなるとそれなりに厚みがでるので、思っていたより存在感のある仕上がりになり良かったです。

 

手軽に作成できるので、データが消えて後悔する前に、是非試しに作成してみてください。

 

少しこみいった編集の仕方は、こちらの記事でもまとめています。

 

その他のおすすめフォトブック

多少高くてももう少しきれいに残したい、という方にはネットプリントジャパンの高画質タイプも良いかもしれません。

 

文庫サイズでしたら、高画質のタイプでも96ページ1580円+送料で作成できます。

 

さらに。

値段は気にしないよ!って方には、フォトバックをおすすめします。