PHOTO POTA

写真整理を考える。フォトブックという選択肢。

銀塩と印刷。画質がきれいなオススメのフォトブック。

結婚式やお宮参り、七五三など。ここぞという時にはきれいな写真を残しておきたいですよね。写真館やスタジオで撮影してもらった写真であればなおさらです。

 

今回は「きれいな画質」という視点から、おすすめのフォトブックを紹介したいと思います。

 

フォトブックの画質には、大きくわけて銀塩タイプと印刷タイプがあり、それぞれに良さがあります。

 

 

DreamLabo5000使用、7色印刷のフォトブック

印刷タイプのフォトブックは、銀塩に比べるとぼやっとした印象で画質という点において劣ってしまうものがほとんどです。

 

しかしCanon製印刷機、DreamLabo5000を採用した7色印刷のフォトブックは、銀塩タイプに負けないくらい綺麗な仕上がりになります。

 

印刷タイプのフォトブックは、銀塩タイプに比べて紙質が薄いです。なので軽やかさというか、お洒落感がありますし、ページ数を増やしても分厚くなりすぎないのも魅力です。

 

製本形式は中綴じといって、開いた時に平らにならないタイプが多いですが、中にはフルフラット仕様のものもあります。フルフラットというのは、180度きれいに開くタイプです。

 

キャノンのフォトジュエル

 Canon製の印刷機ということもあり、キャノンが取り扱うフォトブックサービスでは、ドリームラボを使用しています。

 

キヤノン:高品質フォトブック PhotoJewel|概要

キヤノン:自動レイアウト フォトブックサービス PhotoJewel S | 選べるフォトブックタイプ

 

「フォトジュエル」はキャノン製品を購入して利用している方限定の会員制サービスで、誰でも利用できるというわけではありません。

 

一方「フォトジュエルS」の方はそういった制限なしに誰でも利用できます。

 

ただし全く同じ仕様というわけではなく、フォトジュエルの方が高級路線、フォトジュエルSがお手軽路線といった印象です。

 

フォトジュエルSは自動レイアウトでペットの認識を行ったり、動画からの写真の切り取りが可能だったりと独自のサービスを展開しています。

 

デパ帳 

デパ帳では中綴じのみではなく、フルフラットタイプ(レイフラット)も作成できます。

 

自由なレイアウトが可能で、利用できるテンプレートも結構豊富です。

 

フォトブック・フォトアルバムの作成用ソフト【デパ帳】

 

  

フォトレボ

フォトジュエル・デパ帳に比べてお手軽価格で作成できるのが、フォトレボのフォトブックです。自由レイアウトも可能で、編集ソフトが使いやすいです。 

 

フォトブックで思い出を「ストーリー」にして残そう|フォトレボ

 

 

その他オプションで高画質を選択できるフォトブック 

標準仕様でドリームラボ5000を使用しているのは上にあげた3社ですが、高画質タイプとして、オプションで7色印刷を選択できるフォトブックもあります。

 

ノハナ(高画質タイプ)

ネットプリントジャパン(高画質タイプ

撮るだけフォトブック(ダイヤモンドクオリティ)

デジプリ(プロフェッショナル)

 

 

印刷タイプで、画質重視の方にオススメなフォトブック

同じ印刷機でも、紙質などでやはり仕上がりは違ってきます。

 

私が作成してきた印刷タイプの中で、一番きれいだなと感じたのはデパ帳で作成したラスタータイプのフォトブックでした。

 

ただおそらく、フォトジュエルもきれいなのではないかと思っています。お値段的になかなか手が出せず、作成したことがないためレビューはできないのですが、気になります。

 

スポンサーリンク

 

 

銀塩タイプのフォトブック

昔ながらの写真の様な仕上がりで、違和感なくきれいです。

 

ページ1枚1枚が厚くてしっかりしているので、フォトブック自体も厚くなりがちでページ数もそんなにたくさんは増やせません。しかしその分高級感ある仕上がりになるのが魅力です。

 

製本はどれもフルフラットタイプ。

 

この銀塩タイプのフォトブックを扱っているサービスというのは、実は結構少ないんです。

 

フジフォトアルバム

フォトブック・アルバムならフジフォト株式会社|Fujiphoto

 

私はこちらのフォトブックを利用したことはないのですが、A4縦型の大きいサイズのフォトブックがお手頃価格で作成できます。

 

富士フイルム

フジフイルムのフォトブックでフォトアルバムを作成|フジフイルム

 

フジフィルムでは、ハードカバー・イヤーアルバムと、銀塩仕様のフォトブックを2種類取り扱っています。

 

また、カメラのキタムラ経由でも注文が可能です。

 

中ページにラミネート加工が施されているので、保存という観点からも優れたフォトブックです。

 

 

ビビプリ

vivipri~最高画質の写真デリバリー・ネットプリントサービス~

 

サイズ展開が豊富で、ハガキ(KG)サイズ~と小さいサイズの フォトブックも取り扱っています。

 

標準仕様だと角が丸くてかわいい仕上がりになります。

 

 

銀塩タイプで画質重視の方におすすめのフォトブック

私が作成した銀塩タイプのフォトブックは、イヤーアルバム・フジフイルムハードカバーアルバム・VIVIフォトアルバムの3種類ですが、どれもきれいでした。

 

それぞれ仕上がりのテイストが違うので、好みで選んだら良いかなと思います。

 

まとめ

画質重視のフォトブックということで、ドリームラボ5000使用の印刷タイプと、銀塩タイプのフォトブックを紹介しました。

 

この記事で紹介しなかったフォトブックも、スナップ写真などで利用するには十分きれいなものもありますし、価格やサイズなどその他仕様との兼ね合いで決めたら良いかなと思います。